【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第2戦 YUMEYA SURFING GAMES TAHARA OPENはDAY2。

天気は晴れ。風はやや強のオンショア。波のサイズはモモセット腰くらい。海面はザワついているがプロには問題なし。

熱帯低気圧の接近が気になる中、7:00よりメンズラウンド1からスタート。 トライアルから勝ち上がってきた選手には最初の壁となる。

ヒート3には第1戦バリ大会で優勝した安井拓海がクレジット。エアーリバースも決め問題なく1位でランドアップ。水量の多い波をつかめば波ができてくるハズと波選びが見事的中。ラウンド2ヒート3へ駒を進めた。

安井拓海

ヒート6には世界戦を回っているので久しぶりにJPSA参戦の都筑百斗が1位でラウンドアップし、このヒートにはベテラン徳田昌久がクレジットされていたが惜しくも敗退。新島のマスターでは活躍を期待したい。

都筑百斗

ヒート7には須田喬士郎がEPSの軽めの板をチョイスして切り返しの速さを使いポイントを伸ばし1位でラウンドアップ。 ヒート8の森友二は波はできてくるので良いが高さが足りずマニューバーの選択に悩んだが、エアーは出しやすい波だったということ。

森友二

大会はウィメンズのラウンド1へ進む。

ヒート1では4点台と3点後半を2本まとめてきた川瀬新波が1位に、2位には池田美来が入った。

川瀬新波

ヒート2はポジショニングどりに苦労し自分が思っている波をチョイスできなかったと言っていた江口彩花が1位、2位にはトライアルからの杉原梨奈が入った。

ヒート3は地元田原の都築虹帆が登場。2位でラウンドアップし、1位は加藤里菜。

加藤里菜

ヒート4は昨年のこの大会でアマチュアながら活躍した松永莉奈が1位で、2位には今年の第1戦でプロ公認を獲得した丸山千朝のヤングパワー炸裂だった。

丸山千朝

そして、メンズのラウンド2へ。

ヒート1の1位は川畑太志が順当に入ったが、2位にはトライアル組の田邑星斗が入った。

ヒート2も1位はアマチュアシードの池田鋭斗がプロを抑えてトップ通過。

池田鋭斗

このラウンドの注目の一つであるヒート3は今大会初のエクセレントを含める15.00ポイントを野呂海利が出し独走で1位となり、ベテラン石崎孝行が好調の安井拓海を抑えて2位となりラウンドアップした。

野呂海利
石崎孝行

ヒート4は久しぶりのJPSA参戦林健太が登場。バリで初ファイナリストになり波にのる澤村康生が登場。しかし、ヒートはベテラン林がコントロールして進み、2位にはトライアル組の本郷拓弥となった。

林健太

ヒート6は都筑百斗がインターフェアで勢いがつかずスタートが遅かった田中大貴が1位、2位には田中透生が入った。

ヒート7は須田喬士郎が1位で調子の良さをキープ。 ヒート8では堀越力が6.00のライディングで1位でラウンドアップ。2位には三輪紘也となった。

ウィメンズラウンド2は、ヒート1では北沢麗奈が川瀬新波の追撃を振り切り1位でラウンドアップ。

北沢麗奈

ヒート2で池田美来が落ち着いた試合運びをして1位で勝ち上がり、見事プロ公認を獲得した。

プロ公認獲得した池田美来

ヒート3では今大会ここまでのウィメンズ最高得点で須田那月が勝ち上がり、ヒート4では地元都築虹帆が最後に逆転してラウンド3へ進んだ。

須田那月

続いてウィメンズのラウンド3は、トップシードが登場し、宮坂麻衣子、高橋みなとや川瀬心那らが勝ち上がるが、接近する台風の影響で風が強まりコンディションが大きく乱れはじめヒート3終了時点でストップ。本日のスケジュールを終了とした。 明日は台風の動向をみて予定が発表されます。

宮坂麻衣子
高橋みなと

明日のスケジュールは午前6時にJPSAオフィシャルホームページで発表です。