【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ロングボード第4戦 北泉プロ supported by 三瓶工務店・福和・3-STYLE・SUN WAVEは雨となるがファイナルデースタート。

波は腰〜腹セット胸くらいで、風は弱いサイドオン。北東気味の風なので堤防のおかげでコンディションに大きな影響はない。

メンズラウンド2よりスタート。

いよいよシード選手が登場してくる。トライアルからの勝ち上がり組がどう戦うのか楽しみなヒートの連続となりそうだ。

ヒート1にはグランドチャンピオンに一番近い男井上鷹がクレジットされ危なげなくQFへ駒を進める。ヒート3はベテランが揃ったヒートとなり、ここでは最年長の藤井辰緒が1位でラウンドアップ。ヒート5ではトライアルから勝ち上がってきた佐々木一浩が2位でQFへ進み、ヒート6には地元の佐藤広が登場。佐藤はラストウェーブで畑雄二を逆転して1位でランドアップし地元の応援に応えた。ヒート7には現在ルーキーオブザイヤー候補の梶原裕太がクレジットされ2位でQFへ、トライアルから上がってきた土屋貴宏はここで敗退。ヒート8には今年第2戦で優勝している堀井哲がクレジット。グランドチャンピオンを狙う堀井にとっては何としても勝ちたいこの大会。安定したライディングで堀井は1位でQFに。

ウィメンズのラウンド2へ進む。波は潮が少なくなりだいぶ割れる波が左へシフトし、割れる波の見極めが難しくなり、割れると速いブレイクが目立つようになる。ヒート1は古家伸子と小高恵子がラウンドアップ。ヒート2はラスト鈴木由貴が逆転で2位になり1位大島みどりとセミファイナルへ進んだ。ヒート3は注目のヒートで、第1戦優勝の田岡なつみと第3戦優勝の吉川広夏がクレジット。グランドチャンピオン争いに影響を与えるヒートになる可能性もあるが、結果は田岡が1位、吉川が2位で揃ってランドアップした。ヒート4は現在ランキング3位の菅谷裕美が登場し、ルーキーオブザイヤー候補の平田夏帆もクレジット。ここで波乱が起きて菅谷が3位となり敗退。1位は伊藤奈央子、2位は平田夏帆となった。

遠藤夕子
菅谷裕美

この後はメンズのクォーターファイナルへ。 グランドチャンピオンを狙う井上鷹は順当にセミファイナルへ進み、尾頭信弘と藤井辰緒のベテランが揃ってラウンドアップし、福島が地元の佐藤広も声援に応えセミファイナルへ進んだ。第2戦の優勝者堀井哲も1位でラウンドアップし、グランドチャンピオンへ繋ぐ。

真田和斗
梶原裕太
佐々木一浩

ウィメンズのセミファイナルへ進み、ヒート1にはグランドチャンピオンを狙う吉川広夏とルーキーオブザイヤーを狙う古家伸子と平田夏帆がクレジットされる。ヒートは吉川が引っ張るカタチで進み、平田や大島、古家が追う展開。終始同じ状況で進み吉川と平田がファイナルへ進んだ。

大島みどり
古家伸子

ヒート2は第1戦優勝の田岡なつみと現在ランキング2位の小高恵子が落とせないところだが、伊藤奈央子と鈴木由貴もスルスルっと勝ち上がることが多く気になる存在。田岡はハングファイブやテンをキチっと入れ1位となり、2位には手堅く小高が入りファイナルへ。

伊藤奈央子
鈴木由貴

メンズのセミファイナルは地元、佐藤広が積極的に波に乗り先行する井上を追う展開。尾頭信弘と櫻岡甲太はじっくりと波を選ぶ。井上はこの大会初のエクセレントを出して1、2位は変わらずヒートは進むが残り3分で尾頭が逆転し2位へ上がりそのまま終了。井上と尾頭がファイナルへ進んだ。

地元の佐藤広
櫻岡甲太

ヒート2は堀井哲が着実にポイントを出すライディングを重ねトップへ。2位には塚本将也でヒートは進むが藤井辰緒と西口京佑もポテンシャルのある波をつかめばすぐに逆転できるニード。残り3分で堀井がプライオリティを持ちコントロールしようとするがここで塚本が逆転する。残り30秒で全員がライディングし終了のホーン。ポイントコール待ちとなる。結果1位塚本、2位堀井となった。

藤井辰緒
西口京佑

大会はウィメンズのファイナルへ

ファイナリストは吉川広夏、田岡なつみ、平田夏帆、小高恵子の4名。平田は初のファイナル進出。

まずは田岡と小高、平田とスタートして早々に波をキャッチ。まずは1本目を全員が乗ったところで吉川がリード。 潮が少なく速いブレイクも多くマニューバーを入れるセクションに各選手戸惑っているようだが、田岡が2本目にレフトへ走りノーズを入れて5.55ポイントを出して5分経過で1位へ。吉川が5本目にライト方向へノーズを入れながらライディングし5.40ポイントを出して逆転。田岡のニードは4.75ポイント。小高と積極的に本数に乗る平田は3点台のラインディングとポイントが伸びない。吉川は8本目に6.50ポイントを出して他を突き放しそのまま優勝となった。2位には田岡、3位小高、4位は平田という結果になった。

吉川広夏
田岡なつみ
小高恵子
平田夏帆

いよいよメンズのファイナル。

潮も上げてきて高さも少し出てレフト、ライトともキレた波も多くなってきた。

ファイナリストは井上鷹、塚本将也、尾頭信弘と堀井哲の4名。

オープニングは堀井が乗り、その後も井上と堀井が積極的に波に乗る。井上の1本目は6.25ポイントでリードするが、堀井も2本目に5.50ポイント、3本目に6.75ポイントをマークして1位へ。堀井は徹底的にフロントサイドでファイブからテンそして当て込むという流れを作りポイントを伸ばすライディングにこだわっているようだ。途中井上が板を変えるがそこから井上の反撃が始まり6.10ポイントの逆転ライドに繋がり、その後堀井はプライオリティーを持ちじっくり波を待つが、逆転の波は来ず井上の優勝が決まった。

井上鷹
堀井哲
塚本将也
尾頭信弘

そして今期3勝を挙げた井上の2019グランドチャンピオンが決定!

結果

メンズ

優勝:井上鷹、2位:堀井哲、3位:塚本将也、4位:尾頭信弘

ウィメンズ

優勝:吉川広夏、2位:田岡なつみ、3位:小高恵子、4位:平田夏帆