【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019ロングボード第3戦 太東ロングボードプロは千葉県いすみ市太東海岸でスタート。

天気は曇り、風は弱いオンショア、波のサイズは膝セットモモくらいで波数が少ないコンディション。

8時10分にメンズのトライアルからスタート。ダブルバンクで15分ヒートなのでいかに2本まとめるかが勝ち上がるカギとなる。なかなか点数が伸びないがトータルで8点以上出す選手が出はじめ7〜8点が勝ち上がるラインとなりそうだ。トライアルラウンド3の各上位2名、計6名が本戦に出場できる。

その後メンズトライアルラウンド2へ進む。干潮を迎え少し潮止まり感があり波数がさらに減っているが、うまく各選手大きめの波を選びポイントを重ねていく。

続いてウィメンズのトライアルラウンド1へ進む。ウィメンズはラウンド2各上位2名、計4名が本戦に出場できる。やはりメンより波を掴むのに苦労しているようだが、本戦に出場できるのは小林恵理子、野田涼子、松下歩、岡村頼子となった。

トライアルラウンド3へ。ここで上位2位に入ると本戦に出場できる。結果、その6人は内村喜章、市川貴大、佐藤樹生、河本宏紀、酒井達矢、佐々木一浩。

メンズのラウンド1では、ヒート2に先週に続きスポット参戦の喜納元輝がクレジットされ余裕の1位通過。そのほかのヒートも1位はほぼレッドの選手という順当と言える結果になった。

ウィメンズのラウンド1へ進む。潮が多くなり難しいコンディションとなるが、果敢にノーズへ進みポイントを出す。ヒート1は橋本梨花、野田涼子、ヒート2は大池裕美子、小林恵理子、ヒート3は岡村頼子、中井真木子、ヒート4は佐久間真美、松下歩がそれぞれラウンドアップした。

橋本梨花

メンズラウンド2になると小波でも安定したノーズライドを入れてくる選手が多く、ヒート3では喜納元輝は今大会最高点の6.93をマークする。

武藤龍寿

ウィメンズのラウンド2。トライアルからここを勝ち上がるとプロ公認を得られる。ヒート1の小林恵理子は2位でラウンドアップし見事プロ公認獲得!

プロ公認獲得:小林恵理子

さらに、ヒート3では松下歩が1位でラウンドアップして今大会2人目のプロ公認獲得となった。

プロ公認獲得:松下歩

メンズのラウンド3では潮がほぼ満潮となり逆に少しショルダーの張った波が増えてきたようだ。そんな中ヒート1の内村喜章と川上聖斗が1、2フィニッシュとなり2人揃ってプロ公認を獲得した!

プロ公認獲得:内村喜章
プロ公認獲得:川上聖斗

そしてヒート6の佐藤樹生も2位に入り見事プロ公認を獲得した。

プロ公認獲得:佐藤樹生
内村喜章
喜納元輝
中井晴
ジュリアン・ホプキンズ

そしてウィメンズのラウンド3へ。 トップシードが登場するこのラウンドヒート1には千倉大会で優勝した小山みなみがクレジット。ヒート2では菅谷裕美と小栗瑞恵がトライアルから勝ち上がった小林恵理子を迎へ撃つ。小山はノーズライドを繰り返し入れこの大会最高得点の7.00ポイントを叩き出しトップ通過。

小山みなみ

ヒート2は菅谷が1位となった。

ヒート3は吉川広夏がクレジットされうまくショルダーの張った波を選んでノーズライドを繰り返し7点台、5点台を2本まとめトップでラウンドアップ。」

吉川広夏

ヒート4では小高恵子が3点台を2本まとめ1位で勝ち上がった。

小高恵子

明日はファイナルデー。前半戦が終了しグランドチャンピオンを狙うのには大切な一日となる。お楽しみに!