10月24日(木)から千葉県釣ケ先海岸(志田下)で開催されていた、

【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第7戦Trident Seafoods Chiba Ichinomiya Pro は、途中荒天レイデイがあったもののファイナルデーを迎えた。

天気は曇多い晴れ、風は弱いオフショア、波は胸〜肩セット頭くらいのグッドコンディションでスタート。

順調にヒートは進みファイナルを迎え、メンズは仲村拓久未、ウィメンズは川合美乃里が優勝し、無事今季最終戦を終了した。

メンズ優勝の仲村拓久未
ウィメンズ優勝の川合美乃里

そして、今季最終戦を終えたため、今季のグランドチャンピオン、ルーキーオブザイヤーも決定し、ルーキーオブザイヤーはメンズが加藤翔平、ウィメンズが都築虹帆となった。

(都築はアメリカへ遠征中のため不在。)

メンズルーキーオブザイヤーの加藤翔平

そして、グランドチャンピオンも決定し、メンズは河谷佐助、ウィメンズは須田那月が獲得した。

(左)河谷佐助、(右)須田那月

これをもって2019年のショートボードツアー全てのコンテストが終了となった。