【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019ショートボード第7戦 TridentSeafoods Chiba Ichinomiya ProはDAY3。

天気は晴れ、風は弱いオフショア。波のサイズは頭くらいで波数はやや多いがメンズの選手はカレントをうまく使い3分くらいでゲッティングアウトできる状況。

8:30よりダブルバンクでメンズのラウンド2から25分ヒートでスタート。

ヒート1ではトライアルからの浦山斗希がクレジットされ見事1位でラウンドアップ。

浦山斗希

ヒート2では久しぶりの参戦の都筑百斗が出るが敗退。

ヒート2トップで通過の高橋秀平
惜しくも敗退の都筑百斗

ヒート4ではトライアルからの長沢侑磨が2位でラウンドアップした。

ヒート41位通過の大音凛太

ヒート5には地元、大原洋人がクレジットし、手堅く2本まとめ1位でラウンドアップ。

大原洋人
2位でラウンドアップの松下諒大
ヒート6を1位通過の野呂海利

そしてメンズラウンド3へ。

ヒート1は2世対決と言えるほどのメンバーで久米大志、河野留偉、浦山斗希と井上鷹。ここでも浦山の好調さが目に付き1位でラウンドアップ。2位には久米が入った。

ヒート4ではルーキーオブザイヤー候補の加藤翔平がクレジットされるが惜しくも敗退。 ヒート5には大原洋人が登場し、ここも1位でラウンドアップ。

加藤翔平
ヒート4を1位通過の石崎孝行
ヒート5を1位通過の大原洋人
ヒート8を1位通過の川畑友吾

メンズラウンド4へ進み、トップシード選手が登場。

ヒート1には浦山斗希が登場するがやはりシード選手の壁は高く惜しくも敗退。1位の和氣匠太朗は高さのあるリップから深いチューブをメイクし9.33のエクセレントを出してラウンドアップ!

ヒート1を2位通過の堀越力
ヒート2を1位通過の岡村晃友
ヒート2を2位通過の久米大志

ヒート4ではベテラン小川直久がゲッティングアウトでハマったが1位でラウンドアップ。

小川直久

ヒート5では大原洋人が破れる波乱が起きる。

ヒート5を1位通過の松本コア

ヒート6では唯一トライアルから残っていた荒木陸叶が破れプロ公認は出なかった。

ヒート6の1位通過大澤伸幸

続くラウンド5は1バンクにしてヒート30分でスタート。

ヒート1はランキングトップの西修司と大野修聖、和氣匠太朗と久米大志のヒート。西が1本目から2マニューバー入れ8.50でスタートダッシュをはかるとそのまま1位を走り、2位に大野がつけるが、前のヒートでエクセレントを出してリズムに乗る和氣が3本目に際どいセクションにマニューバーを入れ7.10をマークして2位へ。その後大野と久米に逆転のライドが出ず、1位西、2位和氣でフィニッシュ。

西修司
和氣匠太朗
バレルを抜ける和氣匠太朗

ヒート2は河村海沙、村田嵐、岡村晃友と堀越力。村田が1本目から5.00を出して、3本目に4.67を出してリードする。そして堀越が4.00で追いかける。中盤で河村が2位へ上がるとすぐに堀越が乗り逆転し2位へ。村田は5本目に6.17を出して突き放す。2位争いが熾烈で堀越と河村のシーソーとなり、ラストウェイブで堀越も4.33を出すが、5.67を出した河村が逆転し2位で終了となった。

村田嵐
河村海沙

ヒート3は安井拓海、高橋健人、大橋海人と平原颯馬。大橋がヒートをリードするが、15分で安井が5点台を2本まとめ1位になると、高橋が3本目にチューブからリップし5.50を出して2位へ。ここで大橋はこのヒートのハイエスト7.50を持っているのでニードは1.40、1位には3.24。ここで残り10分。ここで大橋がライドし1.40で2位へ上がると、残り4分で高橋が2マニューバーのライドで7.00を出し1位へアップ。大橋のニードは3.24。1マニューバーだが、高さがあり際どいセクションで4.70を出して2位へ上がりヒート終了。

高橋健人
マニューバーを決めてバンザイの高橋健人

ヒート4は田中英義、塚本勇太、小川直久と高梨直人。田中がファーストライドで6.00を出すとすぐに塚本が7.83でトップへ。高梨も6.07で追いかける序盤。中盤になり1位は2本目も7.77を出した塚本のままで2位に高梨がくる。3位の田中は地元と言ってよいだろう、波を知り尽くしているのでじっくり波を選び3本目に5.30を出して2位へ。結局このまま終了となり、本日のコンテストスケジュールは終了となった。

塚本勇太
思わずバンザイ塚本
田中英義

明日はいよいよファイナルデー!

2019年のグランドチャンピオンも決定する!是非、応援に来てください!