Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第6戦伊豆下田CHAMPION PRO Presented by LesPros entertainmentは伊豆白浜海岸をを舞台にDAY1スタート。

早朝の雷雨によりスタートは遅れ8時20分より、ウィメンズラウンド1からスタートした。

ヒート1にはJPSAに久しぶりの参戦の大村奈央がクレジット。馬庭彩が5.00と6.00をまとめて1位を走り、2位には世界を回る大村がつけて、そのまま馬庭と大村がラウンドアップ。

大村奈央

ヒート2にはやはり海外をメインで回る田代凪沙と昨年のグランドチャンピオン野中美波がクレジット。スタートから野中がダッシュして終始リードし、2位には1本目に5.00をマークした田代がつける。結局野中と田代がラウンドアップ。

田代凪沙

続いてメンズのラウンド1へ。

ヒート1にはワールドサーフィンゲームスで活躍した村上舜がクレジット。村上は2本目から6.25を出す。ヒートは1本目に5.00と3本目に5.50をマークした三輪紘也が引っ張るが、村上が3本目に6.50を出してトップへ。そして最後までこの順位は変わらずヒート終了。

村上舜

ヒート2ではアマチュアシードの石井乃亜が2位でラウンドアップし次へつないだ。

石井乃亜

ヒート3では田嶋鉄兵がクレジット。1位にはアマチュアシードの浦山斗希が見事入り、2位には田嶋となった。第1戦以来の浜瀬海と練習中にエイに足を刺されてしまった田中大貴はここで敗退となった。

浦山斗希
田嶋鉄兵

ヒート4には肩の手術から復活した松下諒大がクレジット。松下は1本目から4.75でスタートダッシュしそのまま1位でフィニッシュ。2位には神田竜聖となった。

松下諒大
神田竜聖

ここからウィメンズのラウンド2へ。

ヒート1では大村奈央が安定のライディングで1位となり、2位には宮坂莉乙子が入った。ルーキーの丸山千朝はここで敗退となった。

大村奈央
宮坂莉乙子

ヒート2ではラウンド1のポイントの出方をみて修正してきた田代凪沙が1位となり、2位には浅野こなみが入った。ルーキーの大澤宥南は3位で敗退となった。

そしてウィメンズのラウンド3へ進む。

現在ランキングトップの都築虹帆が登場する。ここに大村奈央がクレジットされているのが楽しみな対戦。ここで都築がここまでの最高ポイント7.75をマークしてトップに出るとダントツ1位でラウンドアップし、2位には馬庭彩が入り、大村と鈴木姫七はここで敗退。

都築虹帆
馬庭彩

ヒート2は現在ランキング4位の宮坂麻衣子と5位の須田那月に宮坂莉乙子とルーキー松永莉奈のここも面白いヒート。好調宮坂(麻)は7.50をマークしてトップを走り、2位には4点台を2本まとめてきた須田。宮坂(莉)もキレのある縦へのアプローチをするが決めきれない。終盤松永莉奈も追いかけるが届かず宮坂(麻)と須田がラウンドアップ。

宮坂麻衣子

ヒート3は野呂玲花が1本目に6.25をマークしてヒートを作ると、田代凪沙も1本目に4.25で追いかける。現在ランキング3位の渡辺愛と高橋みなとも追随するが及ばず、野呂と田代がラウンドアップした。

田代凪沙

ヒート4は現在ランキング2位の庵原美穂に若手の川瀬心那、野中美波と浅野こなみのヒート。野中が1本目に7.50を出してリードすると、川瀬も5.50で追いかける。さらに庵原が積極的に乗り続き、浅野も続く。しかし、野中が2本目に8.00のエクセレントを出して独走。2位にはラストの波で5.60を出して逆転した庵原が入った。

野中美波
庵原美穂

メンズラウンド2へ。

ヒート1はローカルの進士海理がクレジット。ヒートは三輪紘也が1本目に6.00を出してリードすると、和氣匠太朗が2本目に6.10を出して逆転。そして三輪が再び逆転し、大音凛太は1本乗ったあと2本目がなかなか乗れず苦戦。ヒートは三輪が1位、和氣が2位でフィニッシュ。

進士海理

ヒート2は村上舜が5点台を2本まとめ、さらに終盤8.00を出して危なげなくラウンドアップ。2位には和氣俊介が入った。

村上舜
和氣俊介

ヒート4を終了した時点で、ヒート全般に満足できる波数が来ないとのコンテストディレクターの判断で本日のスケジュール終了となった。