【Surfingfor all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第5戦サーフアイランド種子島プロはDAY2。

台風が接近する中、天気は雨、波はサイズアップしセット潮が少なく頭くらい。 昨日の途中メンズラウンド1ヒート4からスタート。

ヒート8にはローカルアマシードの山田祐太朗がクレジット。応援団も駆けつけたが残念ながら敗退となってしまった。

山田祐太朗

続いてウィメンズのラウンド3へ進む。 潮の上げに乗ってサイズはさらに上がり頭オーバーからセットダブルくらいは入るようになってきた。ハードになり各選手波選びに悩んでいそうな状況で、絶好調ルーキーの都築虹帆が6.00のライディングをしてトップへ出てそのまま1位でフィニッシュ。2位には鈴木姫七が入った。

都築虹帆

ヒート2は昨日エクセレントを出した大澤宥南がオープニング早々にライディングしてスタートし、宮坂莉乙子がそれを追う。ラストで庵原美穂が2本目のライディングをしてトップへ出て、渡辺愛も終盤までノーライドだったが立て続けに2本乗りポイントを出して2位に入った。宮坂は1本ライド後セットにはまりなかなかアウトに出れず「苦しかったぁ〜」とコメント。

宮坂莉乙子

庵原は「セットをくらってもミドル付近でウェイティングしていないと波に乗れないが、最初奥に行き過ぎてしまった。」とコメント。

庵原美穂

ヒート3には地元須田那月がクレジット。ヒートは西元ジュリが積極的に乗り終始リード。3本目には9.00のエクセレントを叩き出し独走。2位争いは熾烈で、江口彩花、野呂玲花と須田。江口が中盤まで2位をキープする。野呂はじっくり波を選び、須田は1本乗ったあとパドルするが引っかからない波が多くライドできない。しかし、野呂が2位へ上がるライディングをすると、須田も7.25を出して2位へジャンプ。しかし、野呂が再び2位へ上がると、須田も6.25で再逆転。ラストは1位に西元、2位には須田が入った。

西元ジュリ
須田那月

続いてメンズのラウンド2へ。 ヒート1はスタートダッシュした村上蓮が安定したライディングで1位となり、2位には松本コア。スポンサーシードの山口輝行は惜しくも3位敗退となった。

村上蓮
山口輝行

ヒート2では爆発力のある安井拓海がパワフルなライディングで1位となるがラストライドで板を折ってしまうアクシデント。

安井拓海

ヒート7ではトライアルから勝ち上がってきた砂地祐哉がプロ公認を得られるかが注目となったが、惜しく4位敗退となった。

ヒート8には地元須田喬士郎がクレジット。森下波瑠がチューブを抜けてくるライディングを見せエクセレント8.25をマークしトップへ。2位にはスプレーを高くマニューバーを2本入れて7.00を出している須田。ラストまで順位は入れ替わらず終了。

森下波瑠
須田喬士郎

そのままメンズのラウンド3へ進むことにスケジュール変更。

いよいよトップシード選手の登場。

ヒート1には現在カレントリーダーの河谷佐助がクレジットされ、大野修聖、村上蓮、大澤伸幸が迎え撃つ。河谷は積極的に波に乗り自分自身で勢いをつけるようにトップを走り、2位は村上と大澤が僅差の争いとなるがラスト大澤が逃げ切った。

河谷佐助
大野修聖

ヒート3は松本カイと関口真央という大洗大会を盛り上げた2人に金尾玲生、児玉椋のヒート。松本と児玉がキレた波をうまく掴み抜け出しラウンドアップした。

児玉椋
ヒート41位の田中英義
ヒート6の辻裕次郎は惜しくも敗退

ヒート7には地元須田喬士郎が登場。高橋健人、村田嵐、渡辺寛の4人ヒート。波は潮が少なくなりワイドな波が多くなりタフなコンディションに。序盤は村田と渡辺が次々波になるが、高橋と須田はゆっくりスタート。ゆっくりな2人が先行する展開。後半は1本乗るごとに順位が変わる熾烈な争いになる。ラストウェイブに須田が乗るが及ばず結果1位渡辺、2位村田となった。

渡辺寛
高橋健人
須田喬士郎

ヒート8は佐藤魁、小川幸男、森下波瑠と堀越力の4人。佐藤はここ数試合で落ち着いた試合運びをして安定した強さを出している。ここでも2本目に5.00を出すとバックアップに4.00としリードして進む。2位は小川が中盤まで引っ張るが、残り6分で堀越が小川を逆転。残り4分で小川が再逆転。 結果1位佐藤、2位には小川が入った。

佐藤魁

この後コンディションはハードとなり、コンテストディレクターの判断でスDAY2はここでスケジュールストップとなった。