【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第4戦 第24回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯はDAY3。

天気はうす曇、風は弱いサイド、波は膝〜モモくらいで満潮時は割れづらい状況。

潮が引くのを待って6:30メンズラウンド2ヒート1からスタート。 うねりのディレクションはやや東寄りへシフトしてきているようだ。昨日までよりうねりが1本の筋で入ってくる。

ヒート1では、ルーキーの加藤翔平と森川裕平の対決が気になるが加藤が1位で通過したが、森川は3位で惜しくも敗退。

安部瓦
古川海夕
加藤翔平

ヒート2も若手の田中透生が1位でラウンドアップしたが、トライアルからの藤沼佳太郎はここで敗退となった。

和氣匠太朗
村上蓮

ヒート5ではかなりクロスヒートとなり、終了ホーンと同時に逆転を狙った大澤伸幸のラストライドが、インかアウトかとなったが、結局アウトとなり逆転はならず1位和光大、2位にはトライアルからの福井滉東が入った。

小林稜生
森下波瑠
多谷俊亮

続いてメンズのラウンド3へ。

ヒート1には石崎孝行がクレジット。河村海沙が高さのない波でも6.50を出して1位でラウンドアップし、2位には和氣匠太朗が入り、ルーキーの加藤翔平はここで敗退。

ヒート2は混戦となり、さらに終了ホーンがなった後もポイントが出ないくらい後半にライディングが集中し逆転につぐ逆転となり、結果1位田中透生、2位に仲村拓久未となった。

石崎孝行
和氣匠太朗

ヒート3にはトライアルからの加藤優典がクレジットされ、このヒートを勝ち上がるとプロ公認を得られる重要なヒート。1位では今大会ここまでの最高ポイント8.17を出した小林桂となるが、2位争いが加藤と村田嵐の争いとなり加藤のラストライドで全てが決まることに。そのラストライドは一歩届かず加藤は3位となりプロ公認獲得はならなかった。

松本カイ
大音凛太
西口京佑
平原颯馬

ヒート6はトライアルからの福井滉東がクレジット。このヒートに勝てばプロ公認だが、このヒートもビッグスコアが出ない分クロスヒートになり、終了間際までトップが入れ替わるヒートになり、1位小川直久、2位に福井で終了するかと思われたが、川畑友吾がラストで逆転1位となり、福井のプロ公認獲得はならなかった。

小川直久
川俣海徳
多谷俊亮

いよいよメンズラウンド4へ!

トップシード登場により見応えのあるライディングに期待がかかる!

ヒート1は昨年のグランドチャンピオン加藤嵐がクレジット。ヒートは金尾玲生が積極的に波に乗りヒートを引っ張る。残り5分で仲村拓久未が2本目に乗り逆転し1位へ。加藤と河村海沙はまだ1本のライド。結局加藤も2本のライドで終わってしまい、河村も最後波を追いかけたが引っかからずノーライドで1本のライドで終了。

ヒート2は若手の和氣匠太朗がオープニングからどんどん波に乗りヒートを作る。そして田中透生も追いかけるように乗るが、小嶋海生が2本目に6.00を出して2位へ。塚本勇太も波を追いかけながらメイクしていくがポイントが伸びない。ラストで塚本が立て続けに乗るが届かず1位和氣、2位に小嶋となった。

和氣匠太朗

ヒート3は田原の優勝者田中英義がクレジット。スタートから小林桂が飛ばしリードする。2位には大音凛太。4位の小川幸男は残り5分まで1本のライドだが、5.50を持っているので逆転まで3点台のライドとなるのでじっくり波を待ちライドするがニードに届かず、一方、田中もニード5.07でじっくりと波を選んで乗りボトムから3マニューバー入れ1位へ!上がり終了のホーン。2位は小林が入った。

田中英義
小林桂
松本カイ
西修司

ヒート4が終了したところで一旦ストップ。

そして、協議の結果本日のコンテストスケジュール終了となり、明日の集合は6:00でファーストコールとなります。