【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第4戦 第24回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯は茨城・大洗海岸にてDAY1スタート。

今年で24回目となるI.S.U 茨城サーフィンクラシックは、初代、河野正和、北川成美から始まり、昨年の大澤信幸、庵原美穂まで多くの優勝者を生み出してきた。

天気は雲多い晴れ、風は弱いオフショア、波は膝〜モモくらい、弱い南東うねりになんとか反応している。

6時50分からメンズトライアルヒート1スタート。

ヒート1には注目されている飯田航太がクレジットされ問題なくラウンド2へ進む。ヒート4の田岡なつみの弟、田岡遼平は惜しくも4位敗退。ヒート7には河野留偉が登場し1位でラウンドアップ!

ヒート8の齋藤昇吾がトータル12.83をマークして見事プロ公認獲得!

齋藤昇吾のライディング
プロ公認を獲得した齋藤昇吾

続くヒート9の増田来希も12点の可能性があったが11.53と僅か及ばないが1位でラウンドアップしラウンド2への期待となった。

潮が引いてきてインサイドでは岩が顔を出し、なかなかロングライドできないコンディションとなるが、なんとか2本まとめて勝ち上がらないとプロの公認は得られない。 ヒート16では松原渚生が1位で勝ち上がり、ヒート18では軽部太氣と藤沼佳太郎の先だっての全日本で活躍した2人がラウンドアップ。

そのままトライアルラウンド2へ進む。

潮が上げてきてさらにトロく、フェイスの張りづらいコンディションとなってきた。

しかし、ラウンド1を勝ち上がってきた選手だけありトロい波にもうまくフィットさせマニューバーを入れてくる。13時ごろにはかなり割れづらくなり波数も少なくなり、各選手波をキャッチすることに苦労しているが、セットに乗れれば4点台は出してくる。

ラウンド2のヒート9が終了した時点で、波数が少なくこれ以上ヒート続行は厳しいとのコンテストディレクターの判断でDAY1のスケジュール終了。

DAY2は5:30に集合したのちファーストコールとなる。