【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第2戦 YUMEYASURFING GAMES TAHARA OPENはファイナルデー。

天気はうす曇、風は微弱なサイド。波のサイズはセットモモから腰下くらい。波数は少ないがセットが来ればマニューバー入れてライディング可能になっている。 午前9時30分ごろの干潮に向けて波数は増えるが、多少高さがダウンすることが予想されるが、潮の上げはじめはまた高さを取り戻しそうだ。

メンズのクォーターファイナルから7:00にスタート。

ヒート1は加藤嵐、塚本勇太、村田嵐と大野修聖の4名。大野は昨年のこの大会優勝者。連覇なるか?さらに加藤がツアー4連覇を狙うには大事な初戦となる。序盤から塚本が飛ばし、2本目に6.83をマークしてトップへ。加藤も3本目に6.00を出し追う展開となり後半へ。大野も2本目に5.23を出し追うがバックアップが伸びない。村田も4点台2本とまとめるがニードが6点台と差を縮めることができない。塚本が4本目に5.50を出して突き放しヒート終了。1位塚本、2位加藤となった。

大野修聖
村田嵐

ヒート2は田中英義、松本カイ、宮城和真と佐藤魁の4名。田中は1本目に5.00そして2本目はタイトなセクションに3マニューバー入れ6.83を出してトップへ。ポテンシャルのある波が少なく各選手苦労しているが宮城がなんとか2本まとめ2位で勝ち上がった。

佐藤魁
松本カイ

ヒート3は西修司、田中透生、小嶋海生と大橋海人の4名。波は力なくヨレ気味となり3点台がアベレージとなるところ、西が4.00を出して1位へ。序盤は大橋、田中、小嶋と続く。西はさらに4.93を出して突き放す。小嶋が3本目に4.40を出して2位へアップし、そのまま西と小嶋がラウンドアップ!

田中透生
大橋海人

ヒート4は河村海沙、辻裕次郎、河谷佐助と関口真央の4名。スタートは河谷と関口が積極的に波に乗り、1位、2位へ。中盤で河村が逆転し1位になり辻は2本のライドで4位。そして河谷が4本目に2マニューバー入れ4.30を出してトップへ。辻が3本目に乗り2位へ。この後乗るたびに順位が変わる目まぐるしいヒートに。残り5分になるところで辻が4.50を出してトップへ出ると、2位には河谷。残り1分の時点で6.17を出した河谷が1位、河村が2位、3位に辻、4位に関口となりヒート終了でポイント集計を待つ。激しいヒートは結局順位は変わらず終了。

辻裕次郎
関口真央

そして、ウィメンズのセミファイナルへ。

ヒート1は宮坂麻衣子、川瀬新波、川瀬心那と庵原美穂の4名。このヒートは川瀬姉妹の対決。どんどん波に乗る川瀬心那が10本の中でポイントを重ね1位になり、その他の選手は2本のライド。それでも2位には庵原がつける。宮坂は小波に苦労して点数が伸びず4位。庵原が4本目のライドで逆転1位となりそのまま終了。2位には川瀬心那となった。

宮坂麻衣子
川瀬新波

ヒート2は須田那月、都築虹帆、北沢麗奈と高橋みなとの4名。ヒート開始から須田が積極的に乗り6.67をマークしてトップへ。その後も着実に点数を伸ばし1位でファイナルへ。2位には地元都築が入った。

北沢麗奈
高橋みなと

メンズのセミファイナルヒート1は、塚本勇太、田中英義、小嶋海生と河村海沙。河村が1本目に7.50を出してスタートダッシュ。塚本と田中が6点台を出して追いかける。残り10分まで体制は変わらず。残り6分で田中が2本目に乗り6.53を出して1位にアップ! 結果1位田中、2位に河村となりファイナルへ進んだ。

塚本勇太
小嶋海生

ヒート2は、西修司、河谷佐助、加藤嵐と宮城和真の4名。開始6分で西は4本に乗り1位になり、河谷、宮城が続き、加藤はまだノーライド。河谷が3本目に6.17を出して1位に。

残り9分でも加藤は波を待ちノーライド。 残り時間8分で加藤が乗り3.53で追撃開始。2位へ上がるのに4.33が必要。河谷は5.83も出して1位をキープし、西もポイントを重ね加藤が終盤立て続けに乗るが逆転の波は無く河谷と西がファイナルへ進出した。

加藤嵐
宮城和真

先にウィメンズのファイナルへ。 ファイナリストは庵原美穂、須田那月、川瀬心那と都築虹帆。オープニングライドは庵原が乗り4.33。そして川瀬が続き4.40でトップへ。開始8分で庵原が2本目に乗り1位へ。ヒート半分で川瀬が3マニューバー入れ4.93を出して逆転1位へ。さらに5.67を出して突き放す!結局川瀬の独走を誰も止められず初優勝が決まった。

川瀬心那
庵原美穂
都築虹帆
須田那月
優勝した川瀬心那

そして今大会最終ヒートメンズのファイナルへ。 ファイナリストは田中英義、河谷佐助、河村海沙と西修司。オープニング早々河谷がライドし、4.17と、各選手1本乗ったらところでまずはトップへ。河村の2本目が5.50とポイントを作ってくるが、田中が2本目に深いボトムターンから2マニューバー入れ7.00でトップへ。河谷が2本目に4.97を出して河村を逆転し2位に。西が5本目にキレのある2マニューバーを入れ4.90を出して1位へジャンプアップ。その後河村も4.13を出して2位に上がるが、田中がプライオリティーを持って3本目に乗りスピードのある3マニューバーを入れ4.80を出して再びトップへ。ラスト河谷もライドして粘るが5.70と及ばず田中の優勝が決まった!

田中英義
河谷佐助
西修司
河村海沙
優勝した田中英義

結果

メンズ

左から/優勝:田中英義、2位:河谷佐助、3位:西修司、4位:河村海沙

ウィメンズ

左から/優勝:川瀬心那、2位:庵原美穂、3位:都築虹帆、4位:須田那月
左:川瀬心那、右:田中英義