【Surfing for all がんばろう日本!】JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019 ショートボード第2戦 YUMEYA SURFING GAMES TAHARA OPENはDAY3は台風接近のためレイデイとなり、DAY4はメンズラウンド3から7:00スタート。

天気は曇り、風はほぼ無風で波のサイズは腰〜胸セット肩くらいで右側は形が良いがややタルめで、中央はレギュラー、グーフィーとも速めなブレイク。

ヒート1から選手は最初やや右側の波をチョイスしているようだが、徐々に中央よりへシフトしてくるパターンになっているようだ。

宮城和真
小崎歩夢

ヒート2では村上蓮が5点台を2本まとめ1位となり、2位には久米大志が入りプロ2人が意地を見せた。

村上蓮

ヒート3にはラウンド2の最高得点をマークした野呂海利がクレジット。野呂は好調を維持し1位でラウンドアップし、2位にはトライアルから勝ち残っている本郷拓弥が入った。

野呂海利
和光大

ヒート4は林健太と石崎孝行のベテラン2人がクレジットされるヒート。林はさすがうまく波を選び6.33を出して1位となり、前半2位をキープしていた石崎を終了間際で逆転した森下波瑠が2位となった。

林健太

ヒート5、6の時間帯はロータイドとなり、高さもややダウンし、右側がダメになり中央がメインとなるが速いブレイクがほとんどで各選手波選びに苦労しているようだが、ヒート6の田中大貴は際どいセクションに2マニューバー入れ7.00のライディングでラウンド3での最高得点12.93をマークし1位でランドアップ!

田中透生
和氣俊介

手前に流れが入っていて、インサイドまでつなぐにかなり苦労しているので、早めにマニューバーを入れるのも、この時間帯の組み立てに必要なようだ。

上山 キアヌ 久里朱
田中大貴

ヒート8には大橋海人が登場。安定したライディングで2本目に4.33、5本目に6.00を出して着実にポイントを重ね終始トップをキープし大橋が1位、2位には堀越力が入った。

堀越力
大橋海人

そして、メンズラウンド4へ進む。

ヒート1には足の怪我から復帰となる金尾玲生がクレジットされるが、まだ完全とは言えず敗退。1位には宮城和真、2位には最後に逆転した久米大志が入った。

金尾玲生
杉原康幸

ヒート2で1位になった、笹子夏輝はかなり食事とトレーニングで体を絞ってこの大会に臨み、身体が軽く動きやすかったと言っていた。

ヒート3では今月アタマの湘南での大会で優勝した鈴木仁がクレジット。好調の野呂海利とベテラン小川直久、森下波瑠との対戦となる。野呂が右へ左へ動きポイントを作るが、鈴木はじっくり波を待ち5.57をマークし1位となり野呂は2位でラウンドアップ。

ヒート4では松本カイが6.50を出して1位、2位には村田嵐となり、ベテラン林健太はここで敗退となった。

松本カイ

ヒート7には仲村拓久未が登場。波数が少なく苦労していたが1位となり、2位には一人右側の波で小さいながらフェイスの続く波を選んでポイントを出した堀越力が入った。

仲村拓久未

ヒート8は湘南対決と言っても良い4人。河村海沙、善家尚史、大橋海人と現在湘南在住の安藤弘之進。ここは大橋が12.10を出して1位を守り、2位には10.96の河村が入った。善家は残り3分でセットが来たが自分のイメージの波と違い修正ができずポイントが伸びず敗退となった。

河村海沙
大橋海人

続いてウィメンズのラウンド3の未消化分1ヒートとなる。 潮が多くなり過ぎたのと、うねりが弱まっているのでタルくなりキレのあるマニューバーを入れづらい状況となっているが、3本中2本で4.27と5.07をマークし1位の都築虹帆とラスト2本で逆転2位となったベテラン庵原美穂がラウンドアップした。

庵原美穂
加藤里菜
宮坂莉乙子
都築虹帆

ここでアダプティブサーフィンのTEAM POSITIVEのデモンストレーションが開催された。

出場選手は伊藤健史郎選手、勝倉直道選手、小林征郁選手の3名。 今年の10月12、13日に千葉県釣ヶ崎海岸でJAPAN OPEN 1STADAPTIVE SURFINGCHAMPIONSHIPも開催されることになり注目されつつある。

いよいよメンズのトップシードが登場するラウンド5に突入。

ヒート1には昨年のグランドチャンピオン加藤嵐がクレジット。ヒート序盤は渡辺寛が積極的に波に乗りリードするが、じっくり波を選ぶ加藤が後半に6.33と5.50を続けて出し逆転1位となり、渡辺もどんどん波になるがポテンシャルのある波にならず点数が伸びず、終了間際の宮城和真の4.97に逆転され敗退となった。

加藤嵐

ヒート2には佐藤魁がクレジット。前半は佐藤がヒートをリードするが、ラストで塚本勇太がセットを掴み逆転1位となり、佐藤は2位でラウンドアップとなった。

佐藤魁

ヒート3はベテラン田中英義に若手小笠原由織、鈴木仁、村田嵐がどう戦うかが注目となるが、田中が数少ない良いセットを掴み、ラストウェイブではアンダープライオリティーから4マニューバー入れて6.83を叩き出し1位でラウンドアップ。2位には村田嵐が入った。

田中英義

ヒート4には大野修聖と小川幸男のベテランと松本カイ、野呂海利のヒート。松本と野呂がやはり積極的に乗り大野と小川がじっくり波を待つ。1位には松本。大野が1本目に4.80をマークしてこのヒートハイエストを持っているが2本目が来ない。残り4分でやっと手前の波をキャッチし2.60を出して2位へ。3位小川に必要なポイントは4.11。ラストまで波に乗る小川だがポイントは伸びず敗退となった。

大野修聖

ヒート6は高橋健人と高橋直人のシード組を抑えて田中透生と関口真央がラウンドアップし、ヒート7ではグランドチャンピオン経験者の大澤伸幸、仲村拓久未と小嶋海生、河村海沙の戦い。波は厚くテイクオフしてからもしごいて、しごいてフェイスが立ってくるのを待ちマニューバーを入れるライディングとなるが、なんと仲村がインターフェアをして苦戦を強いられる。河村と大澤が順調にライディングを重ね1位と2位に。しかし、小嶋が逆転し2位へ上がり、大澤は逆転の波を狙うがアウトで待ち過ぎて乗れず敗退となった。

ヒート8では辻裕次郎が登場し、相変わらず柔らかい膝の使い方をするライディングで攻めまくり1位、2位には大橋海人となった。

辻裕次郎

ここで本日のスケジュール終了となり、明日のファイナルデーを残すのみとなった。